HOME»歯科医師全般 » 女性歯科医師の転職はハードルが高い?

女性歯科医師の転職はハードルが高い?

全国の医学系学部を持つ大学、あるいは医科大学の定員数の中身を調べると、30%が女性になっています。ですが、実際に病院で女性医師と出合うことは非常に少ないのが実情。そのため、医師に対して「女医」という言い方がありますが、女医のほとんどは内科に在籍していることから、外科の女医を見つけることは非常に稀、と言わなければなりません。
「大門未知子は外科医じゃない?」とテレビドラマを鵜呑みにする方もいるでしょうが、あれはあくまでもフィクション。外科は執刀があり、これは非常に体力と集中力を使います。そのため、女性特有の休暇で執刀が延期されるわけにはなりません。
daimon
では、歯科医師はどうかといえば、医師とはまったく状況が異なります。全国27校29学部の歯学部定員数は合計2,430程度となっています。そして、実際に働いている女性歯科医は20%平均ですが、20代の女性医師は40%を超えています。
転職について考えてみましょう。まず、新卒歯科医師の多くは開業医のもとに入るか、実家を継ぐケースが多いのですが、それも出来ない場合は自分から開業することが常態化しています。2007年ころから、マスコミでは「ワーキングプア歯科医師」という記事が出回り始め、実際に開業しては見たものの、数百万円の医療機器のリース代が支払えず、破産してしまう歯科医師が増加してしまいました。

また、都市部では歯科医院が乱立してしまい、その数が多くなっていること、その逆に地方では高齢化で歯科医師が不足しているにもかかわらず、一向に歯科医師が地方では開業しないことなどの現実があります。
では、女性歯科医師は転職しにくい現実があるのでしょうか?実際にはそういうことはありません。そもそも、一般患者に取って男性歯科医だから安心、女性歯科医だと不安…と感じているのではありません。むしろ大事なのは、医師のもとで働く歯科衛生士とのコミュニケーションだといえます。
歯科医師は外科医ですから、大変な集中力を必要とします。また、麻酔医としても力がなければなりません。ですが、ほとんどの患者は歯科医師の腕がいいのか、歯科衛生士の腕が良いのかが分からないのです。ですから、女性歯科医の転職に必要なものは患者への麻酔の上手さ、と歯科衛生士との距離感の近さを十分に持つことでもあります。
男性高齢者は、特に若い女性歯科医師に未熟度を覚える傾向があります。歯科医師といえども、歯科衛生士並みに患者と向き合うことで、スキルは高まります。ぜひ、修練されて転職のハードルを超えていくべきです。

こちらの記事もおすすめ
  • こんな悩み、歯科医あるある こんな悩み、歯科医あるある
    歯科医師は結婚して子供にも継がせたい…と考えてしまう人が多いようです。そうなれば、教育環境によい場所で暮らしたい。田舎では子供の学力は育たないのでは?と配偶者からせっつかれてしまう悩みもあるようです。...
  • 歯科の受付は美人が多い気がする。その理由とは 歯科の受付は美人が多い気がする。その理由とは
    歯科の受付は美人が多い気がする。その理由とは医療クラーク、歯科医院クラークは美人が多い…これは都市伝説でもなんでもありません。受付という業種そのものは美人である方がよい、これはどの企業でも慣習となっています。これは男性目線だけの話でしょうか...
  • 歯科医、何才の頃に独立する人が多い? 歯科医、何才の頃に独立する人が多い?
    歯科医、何才の頃に独立する人が多い?歯科医での独立する年齢は、希です。利用者の好きな環境で独立することができますが歯科医の開業にもお金がかかります。歯科医になるということはまずは勉強する期間があります。大学の歯科大学で専門的に視界になるとし...
  • フリーランス歯科医とは? フリーランス歯科医とは?
    フリーランス歯科医に多いのが大学での講師や准教授からの方々。特に補綴はフリーランスの歯科技工士の独壇場ですが、矯正歯科はフリーランス歯科医の最も多い分野といえます。審美歯科では完全に自由診療での歯の矯正を行いますが、実は国が保険適用を認めて...
  • 開業?勤務医?どっちがお得? 開業?勤務医?どっちがお得?
    開業?勤務医?どっちがお得?、開業するなら診療単価の大きいものに耐えうる顧客層をつかまなければ、収入の安定はありません。ですから、開業する場合は「スキル」をしっかり身につけることが先決です。まずは、勤務医として研修期間を設けましょう。...
  • 女性歯科医師の転職はハードルが高い? 女性歯科医師の転職はハードルが高い?
    女性歯科医師の転職はハードルが高い?女性歯科医師は転職しにくい現実があるのでしょうか?実際にはそういうことはありません。そもそも、一般患者に取って男性歯科医だから安心、女性歯科医だと不安…と感じているのではありません。むしろ大事なのは、医師...
  • 全国歯科医師国民健康保険組合とは? 全国歯科医師国民健康保険組合とは?
    全国歯科医師国民健康保険組合とは?健康保険、といえば保険証を医院や歯科医院の窓口で提示することで、で治療で自費分の調整が行われる制度です。こうした健康保険制度を事業者ごと、あるいは事業者の集まりである単体で行っているのが、健康保険組合です。...
  • 審美歯科へと転職する医師が増えている 審美歯科へと転職する医師が増えている
    審美歯科へとシフトする医師が増えている。審美歯科の水準は年々向上しており、また、一般歯科医よりもコミュニケーション能力を持った医師が増えています。なかなか内部事情は伝えにくいところがありますが、審美歯科医はまさに歯科専門医でなければ勤務でき...
  • 歯科医師の深夜勤務は稀? 歯科医師の深夜勤務は稀?
    歯科医師の深夜勤務は稀?大学病院や深夜当番医、夜間救急歯科センターなどでは、当然夜勤もあります。口腔外科の場合は、夜間にオペを行う可能性もないわけではありません。歯科医師の団体である歯科医師会が運営するクリニックでは、全国的に救急歯科センタ...
  • 歯科医における認定医とは?? 歯科医における認定医とは??
    歯科医における認定医とは??例としては、日本レーザー歯学会、日本口腔感染症学会、日本有病者歯科医療学会、日本歯科心身医学会、日本臨床歯周病学会、日本歯内療法学会、日本歯科審美学会、日本顎口腔機能学会、日本歯科東洋医学会...
  • «
    »

    メニューリスト