HOME»歯科医師全般 » 歯科医における認定医とは??

歯科医における認定医とは??

医師と歯科医師には「認定医」「専門医」という資格があります。これは厚生労働省が認定した資格と、医師や医師会の研究団体である学会が認証した独自の資格に分かれています。歯科医師の場合は日本歯科医師会が認定分科会を設けています。
kai
例としては、日本レーザー歯学会、日本口腔感染症学会、日本有病者歯科医療学会、日本歯科心身医学会、日本臨床歯周病学会、日本歯内療法学会、日本歯科審美学会、日本顎口腔機能学会、日本歯科東洋医学会、日本顎変形症学会、日本スポーツ歯科医学会、日本顎顔面補綴学会、日本顎咬合学会、日本磁気歯科学会、日本小児口腔外科学会、日本顎顔面インプラント学会、日本外傷歯学会、日本口腔診断学会、日本口腔腫瘍学会などがあり、厚労省が「専門医」として認証しているものもありますが、基本的に「認定医」は学会内の資格といってよいでしょう。
一般患者からみて、認定医や専門医の肩書きのアドバンテージはあるでしょうか?残念ながら、歯科医師への見方は「口コミ」が一番大きい、といわれています。特に、歯科医が自らおこなう治療は「健康体」へ戻すことなのか「現状復帰」なのか、で大きく変わります。健康な部位へと完全治療する場合、失われた口腔内の部位は腕の良い歯科技工士の技術や、あるいは健康保険の利かない自由診療の領域になる場合があります。


歯科医師にとって一番大変なのが、診療報酬加点が医師よりも冷遇されている、という点です。同じ6年間の学生生活と国家資格試験を通過して得られる歯科医師資格ですが、多くの歯科医院が抱える問題は自由診療領域を治療に加えることで、患者に多額の費用を請求することでしょう。歯科医師会としては、認定医制度や専門医制度が社会的に認知されることで、自由診療部分も保険適用範囲になることです。
では、認定医にわざわざならなくてもよいのでしょうか?これは歯科医師としての経験数ということになります。審美歯科などで「イケメン歯科医」を揃えて歯の治療を行うところがあります。歯の治療はどの歯科でも大差がない、だからせっかくなら「かっこいい歯科医」に、あるいは「美人の歯科医に」診てもらいたい…という患者心理を突いた戦略です。
患者が求めるのは、「認定医」と看板を上げる歯科医院は、腕のいい歯科医の証拠であること、そして腕の良い歯科衛生士がいることが重要な条件です。治療が上手くてスピーディでも、歯の汚れ落としが下手な「助手」がおこなっているのでは、意味がないのです。

こちらの記事もおすすめ
  • こんな悩み、歯科医あるある こんな悩み、歯科医あるある
    歯科医師は結婚して子供にも継がせたい…と考えてしまう人が多いようです。そうなれば、教育環境によい場所で暮らしたい。田舎では子供の学力は育たないのでは?と配偶者からせっつかれてしまう悩みもあるようです。...
  • 歯科の受付は美人が多い気がする。その理由とは 歯科の受付は美人が多い気がする。その理由とは
    歯科の受付は美人が多い気がする。その理由とは医療クラーク、歯科医院クラークは美人が多い…これは都市伝説でもなんでもありません。受付という業種そのものは美人である方がよい、これはどの企業でも慣習となっています。これは男性目線だけの話でしょうか...
  • 歯科医、何才の頃に独立する人が多い? 歯科医、何才の頃に独立する人が多い?
    歯科医、何才の頃に独立する人が多い?歯科医での独立する年齢は、希です。利用者の好きな環境で独立することができますが歯科医の開業にもお金がかかります。歯科医になるということはまずは勉強する期間があります。大学の歯科大学で専門的に視界になるとし...
  • フリーランス歯科医とは? フリーランス歯科医とは?
    フリーランス歯科医に多いのが大学での講師や准教授からの方々。特に補綴はフリーランスの歯科技工士の独壇場ですが、矯正歯科はフリーランス歯科医の最も多い分野といえます。審美歯科では完全に自由診療での歯の矯正を行いますが、実は国が保険適用を認めて...
  • 開業?勤務医?どっちがお得? 開業?勤務医?どっちがお得?
    開業?勤務医?どっちがお得?、開業するなら診療単価の大きいものに耐えうる顧客層をつかまなければ、収入の安定はありません。ですから、開業する場合は「スキル」をしっかり身につけることが先決です。まずは、勤務医として研修期間を設けましょう。...
  • 女性歯科医師の転職はハードルが高い? 女性歯科医師の転職はハードルが高い?
    女性歯科医師の転職はハードルが高い?女性歯科医師は転職しにくい現実があるのでしょうか?実際にはそういうことはありません。そもそも、一般患者に取って男性歯科医だから安心、女性歯科医だと不安…と感じているのではありません。むしろ大事なのは、医師...
  • 全国歯科医師国民健康保険組合とは? 全国歯科医師国民健康保険組合とは?
    全国歯科医師国民健康保険組合とは?健康保険、といえば保険証を医院や歯科医院の窓口で提示することで、で治療で自費分の調整が行われる制度です。こうした健康保険制度を事業者ごと、あるいは事業者の集まりである単体で行っているのが、健康保険組合です。...
  • 審美歯科へと転職する医師が増えている 審美歯科へと転職する医師が増えている
    審美歯科へとシフトする医師が増えている。審美歯科の水準は年々向上しており、また、一般歯科医よりもコミュニケーション能力を持った医師が増えています。なかなか内部事情は伝えにくいところがありますが、審美歯科医はまさに歯科専門医でなければ勤務でき...
  • 歯科医師の深夜勤務は稀? 歯科医師の深夜勤務は稀?
    歯科医師の深夜勤務は稀?大学病院や深夜当番医、夜間救急歯科センターなどでは、当然夜勤もあります。口腔外科の場合は、夜間にオペを行う可能性もないわけではありません。歯科医師の団体である歯科医師会が運営するクリニックでは、全国的に救急歯科センタ...
  • 歯科医における認定医とは?? 歯科医における認定医とは??
    歯科医における認定医とは??例としては、日本レーザー歯学会、日本口腔感染症学会、日本有病者歯科医療学会、日本歯科心身医学会、日本臨床歯周病学会、日本歯内療法学会、日本歯科審美学会、日本顎口腔機能学会、日本歯科東洋医学会...
  • «
    »

    メニューリスト