歯科医師全般

審美歯科へと転職する医師が増えている

審美歯科へと転職する医師が増えている転職エージェントのサイトを見ますと、医師求人と看護士求人は常に数万件のオファーで溢れているのがわかります。ところが、歯科医師へのオファーは桁外れに少なく、それも条件付きが多いのが事実です。ここ数年多いオファーは、訪問診療の可能な歯科医師、社会福祉法人経営のクリニックなどの歯科医師、そしてチェーン店展開している審美歯科クリニックの歯科医師です。一般の内科医や外科医

全国歯科医師国民健康保険組合とは?

全国歯科医師国民健康保険組合とは?健康保険、といえば保険証を医院や歯科医院の窓口で提示することで、で治療で自費分の調整が行われる制度です。こうした健康保険制度を事業者ごと、あるいは事業者の集まりである単体で行っているのが、健康保険組合です。日本は「職域保険」、つまり正規雇用されている人と、その家族が加入する健康保険が3種類あり、約7400万人の人が加入しています。内訳は、「健保組合」が約3000万

女性歯科医師の転職はハードルが高い?

女性歯科医師の転職はハードルが高い?全国の医学系学部を持つ大学、あるいは医科大学の定員数の中身を調べると、30%が女性になっています。ですが、実際に病院で女性医師と出合うことは非常に少ないのが実情。そのため、医師に対して「女医」という言い方がありますが、女医のほとんどは内科に在籍していることから、外科の女医を見つけることは非常に稀、と言わなければなりません。「大門未知子は外科医じゃない?」とテレビ

開業?勤務医?どっちがお得?

開業?勤務医?どっちがお得?歯科医師数は過剰と言われていますが、実は地方では不足していることが判明しています。特に無医村問題が深刻になっていることと同じ様に、歯科医師のいない地方が増えているのも事実です。ならば、地方の町村で開業しては?と考えるのも一考。ですが、そこはよく考えるのが必要です。まず、診療報酬制度をよく調べて下さい。歯垢や歯石落としのためだけに歯科衛生士を雇用するには、診療報酬制度は単

フリーランス歯科医とは?

フリーランス歯科医とは?大学病院で教える教授や准教授といった医師の多くは、意外にも開業医となって働く場合があります。その理由は「立地環境」です。全国に29校ある医学部を持つ大学(日大と日本歯科大は2学部ある)は全てが都市部にあるのではありません。医学部の場合は、50以上もの診療科目があり、1カ所で多くの患者を見られる大都市に大学を構えるのが普通です。ところが、歯学部はそれだけで1つの大学という場合

歯科医の実習いろいろ

歯科医の実習いろいろ医師と歯科医師の大きな違いは、医局制度にあるといわれています。医局は出身大学でなくても構いません。東海大学を出て東北大学の医局に所属する医師もいますし、その逆もあります。医局制度は医師を縛り付けるもの、という意見もありますが、研修医として丁稚奉公を行う苦しさこそが、医療の世界の向上にも役立っている事はまちがいありません。歯科医師の場合は、その数が多すぎる…ということで問題とされ

歯科医師の深夜勤務は稀?

歯科医師の深夜勤務は稀?内科医のオンコール、あるいは外科医の長時間に渡る執刀…医師のイメージとして「24時間勤務」というものがあります。これに対し、歯科医師は24時間勤務ということはまずありません。そもそも、歯科医師で深夜診療しているところは少なく、その代わり土日診療という開業医が増えているのは確かなようです。ところが、大学病院や深夜当番医、夜間救急歯科センターなどでは、当然夜勤もあります。口腔外

歯科医の口臭ケアとは?

歯科医の口臭ケアとは?口臭ケア、口臭治療と看板を掲げる歯科医が増えています。歯周病を警告するテレビCMでは、「放っておくと、歯茎から歯が抜けてしまう」というCG画面を映し出しています。つまり、歯槽膿漏のことを伝えているのですが、歯周病そのものがどういう疾病か、はなかなか知られていないのが現実です。歯の衛生管理は「歯磨き」と「糸ようじやフロス」による歯垢落としが中心です。結局歯を磨く、歯と歯の間の汚

歯科医における認定医とは??

歯科医における認定医とは??医師と歯科医師には「認定医」「専門医」という資格があります。これは厚生労働省が認定した資格と、医師や医師会の研究団体である学会が認証した独自の資格に分かれています。歯科医師の場合は日本歯科医師会が認定分科会を設けています。例としては、日本レーザー歯学会、日本口腔感染症学会、日本有病者歯科医療学会、日本歯科心身医学会、日本臨床歯周病学会、日本歯内療法学会、日本歯科審美学会

歯科医師過多を切り抜ける技術

歯科医師過多を切り抜ける技術「歯科医師は格差社会」「新規開業歯科の5件に1件は夜逃げ」週刊誌の衝撃的な見出しが躍るようになって十数年、歯科医師受難の時代はまだまだ消えそうにありません。常識的に見て、目や歯は一生使うものであり、装具も数百年前から発達しています。加齢はメガネを必要としますし、口腔ケアにお金をかけなければ、おなかに穴を開ける手術をして、胃や腸にチューブを差し込まなければならなくなります

« Older Entries

Newer Entries »

メニューリスト