HOME»歯科医師全般 » 歯科医師転職/求人においてハローワークも人気?

歯科医転職/求人においてハローワークも人気?

いまや、ハローワークが人気?歯科医師という職業の見方が変わってきた!

ハローワークといえば、職安。職業安定所という名前の職業紹介所です。いわゆる斡旋屋ではありませんが、厚生労働省が直に行っていることもあり、その信頼感は絶大なものがあります。もちろん、そこに記載される職業は中小企業が多かったり、あるいは地方のハローワークで見かける大企業の多くは東京の人手不足を背景に、都内の職場であったり、あるいは原発での作業員であるケースも少なくありません。
hello
また一方で、雇用者側としてはキャバクラ、クラブといった水商売系の求人も毎日のように登録されています。こういった職業の状況は、厚生労働省が把握できる職業調査に大きく貢献していますので、地方地方の職事情が、国に一括捕捉されている面もあるのです。

従来は、歯科医師を雇用するのに、派手な宣伝を行うところが多かったのも事実です。そもそも歯科医になる人たちの多くは頭脳優秀ではあったが、医学部には入学できなかった人たち、あるいはコスト面で医学部入学は困難、と考えた人たちなどが多く存在します。また、実家が歯科クリニック…というケースも多々有ります。特に私立大学歯学部や私立歯科大学の場合、少なくとも6年間で3,000万円は最低授業料その他でかかるといわれます。

こうした経費をかけ、国家資格を取得するにあたり、決まった職場が待っていない…これは、非常に興味を覚える事実といえるでしょう。音楽大学を首席で卒業したが、就職先がない…というのは理解できますが、歯科医は歯科医として働くわけであり、それがハローワークで探さなければならない…というのは、歯科医も左官業や塗装業のような職人のひとり、と考える世の中になりつつあることがわかるのです。

ハローワークは無料登録。だからいい

ハローワークに登録して、自分が見たい情報を探すには、自らハローワークに出かけて自分専用のID番号を取得しなければなりません。ただし、一度取得できれば、あとは自宅のパソコンからも閲覧可能です。ただ、使いづらいのは、自分の希望に合致した転職先が、自動的に割り振られてメールでアナウンスされるようなシステムが皆無、ということです。

もし、自分が黙っていても、与えられる情報に頼ろうと考えるならば、ハローワークは面倒な検索を繰り返さなければならないわけで、それなら専門の転職エージェントの方がいい…と考える場合もあるでしょう。確かに、情報が上から下へと羅列してあるだけで、勤務先から探す、給与別から探す…といった便利さはかけらもありません。

ハローワークの情報は、更新別です。新しい雇用先が登録されれば、その情報が新たに載っかっていくだけのシステムですから、便利さを期待してはいけません。

便利さがない。だから、穴場と言える

これは、見方を変えれば非常に穴場とも言えましょう。歯科クリニックは飽和状態です。新規開業と倒産の繰り返しで、今後の診療報酬アップがなければ、その3割はワーキングプアのまま40代、50代を続けることが予想されます。そうなると、派手に宣伝することだけが生き残る手段といえるのでしょうか?

ユニットにお金をかける開業歯科。審美歯科領域に進出し、削らないことに衆目を集める歯科医。経営センスだけを求めて、様々な異業種交流会に顔を出す歯科医…その動きはまさに勤務医とは明らかに異なります。そして、ハローワークに登録されているほとんどの場合、アルバイト歯科医であることもよく覚えておく必要があります。

アルバイトか…そう悲観することは全くありません。時給3,000円でも5,000円でも、まずはトライしていきましょう。医師の世界でも、訪問医療の場合は診療報酬制度はあっても、患者宅へ出かける手間ひまは全く費用に入りません。彼らには手当なるものはなく、全てが診療のみ支払われます。ですが、歯科医の場合は、それなりのユニットがなければ手当はできません。

訪問歯科の場合、入れ歯の合わせなどがせいぜいであり、口腔ケアはなぜか看護師の領域です。訪問歯科は今後絶対に必要になる時代ですが、75歳以上の高齢者世代は1割負担ですから、ともかくハローワークでもこうした仕事をどんどんと探すべきなのです。

プライドは必要ない。数多く経験する人が生き残っていく

どんな時代でも生き残る人は、決めた人生をやり遂げる人です。ハローワークで探す求人なんて…と腐ってはいけません。一般社会に通じている歯科医であるからこそ、丁寧で親身な歯科稼業を行っているのをご存知でしょうか?いきなり開業して年収1,200万円は堅い…そんなことは、考えてはいけません。

どんな医師でも歯科医師でも、挫折を乗り越えていくものです。ハローワークでも構いません。素晴らしい歯科医こそ、患者への良い所が上手だったり、飲み会にしょっちゅう出ている人など、患者の囲い込みがうまいのです。ハローワークで見つけた求人…人が手をつけないところに、素晴らしい人生が待っているかもしれません。

こちらの記事もおすすめ
  • こんな悩み、歯科医あるある こんな悩み、歯科医あるある
    歯科医師は結婚して子供にも継がせたい…と考えてしまう人が多いようです。そうなれば、教育環境によい場所で暮らしたい。田舎では子供の学力は育たないのでは?と配偶者からせっつかれてしまう悩みもあるようです。...
  • 歯科の受付は美人が多い気がする。その理由とは 歯科の受付は美人が多い気がする。その理由とは
    歯科の受付は美人が多い気がする。その理由とは医療クラーク、歯科医院クラークは美人が多い…これは都市伝説でもなんでもありません。受付という業種そのものは美人である方がよい、これはどの企業でも慣習となっています。これは男性目線だけの話でしょうか...
  • 歯科医、何才の頃に独立する人が多い? 歯科医、何才の頃に独立する人が多い?
    歯科医、何才の頃に独立する人が多い?歯科医での独立する年齢は、希です。利用者の好きな環境で独立することができますが歯科医の開業にもお金がかかります。歯科医になるということはまずは勉強する期間があります。大学の歯科大学で専門的に視界になるとし...
  • フリーランス歯科医とは? フリーランス歯科医とは?
    フリーランス歯科医に多いのが大学での講師や准教授からの方々。特に補綴はフリーランスの歯科技工士の独壇場ですが、矯正歯科はフリーランス歯科医の最も多い分野といえます。審美歯科では完全に自由診療での歯の矯正を行いますが、実は国が保険適用を認めて...
  • 開業?勤務医?どっちがお得? 開業?勤務医?どっちがお得?
    開業?勤務医?どっちがお得?、開業するなら診療単価の大きいものに耐えうる顧客層をつかまなければ、収入の安定はありません。ですから、開業する場合は「スキル」をしっかり身につけることが先決です。まずは、勤務医として研修期間を設けましょう。...
  • 女性歯科医師の転職はハードルが高い? 女性歯科医師の転職はハードルが高い?
    女性歯科医師の転職はハードルが高い?女性歯科医師は転職しにくい現実があるのでしょうか?実際にはそういうことはありません。そもそも、一般患者に取って男性歯科医だから安心、女性歯科医だと不安…と感じているのではありません。むしろ大事なのは、医師...
  • 全国歯科医師国民健康保険組合とは? 全国歯科医師国民健康保険組合とは?
    全国歯科医師国民健康保険組合とは?健康保険、といえば保険証を医院や歯科医院の窓口で提示することで、で治療で自費分の調整が行われる制度です。こうした健康保険制度を事業者ごと、あるいは事業者の集まりである単体で行っているのが、健康保険組合です。...
  • 審美歯科へと転職する医師が増えている 審美歯科へと転職する医師が増えている
    審美歯科へとシフトする医師が増えている。審美歯科の水準は年々向上しており、また、一般歯科医よりもコミュニケーション能力を持った医師が増えています。なかなか内部事情は伝えにくいところがありますが、審美歯科医はまさに歯科専門医でなければ勤務でき...
  • 歯科医師の深夜勤務は稀? 歯科医師の深夜勤務は稀?
    歯科医師の深夜勤務は稀?大学病院や深夜当番医、夜間救急歯科センターなどでは、当然夜勤もあります。口腔外科の場合は、夜間にオペを行う可能性もないわけではありません。歯科医師の団体である歯科医師会が運営するクリニックでは、全国的に救急歯科センタ...
  • 歯科医における認定医とは?? 歯科医における認定医とは??
    歯科医における認定医とは??例としては、日本レーザー歯学会、日本口腔感染症学会、日本有病者歯科医療学会、日本歯科心身医学会、日本臨床歯周病学会、日本歯内療法学会、日本歯科審美学会、日本顎口腔機能学会、日本歯科東洋医学会...
  • «
    »

    メニューリスト