HOME»歯科医師全般 » 歯科の受付は美人が多い気がする。その理由とは

歯科の受付は美人が多い気がする。その理由とは

医療クラーク、歯科医院クラークは美人が多い…これは都市伝説でもなんでもありません。受付という業種そのものは美人である方がよい、これはどの企業でも慣習となっています。これは男性目線だけの話でしょうか?受付の持つ歯科クリニック経営術について記載します。

クラーク職は、セキュリティ担当者

uketsuke
医療クラークの仕事は、企業の受付とは仕事内容が違います。一般企業でも東証一部上場企業ともなれば、本社ビル受付には2人から3人の受付担当が待機し、来客の取次から様々な企業への侵入者の監視など、多くのセキュリティの最前線に立ちます。

実は、今やクラーク職はどんな職種でも、アクセスするクライアントとの第一面接担当者になりつつあります。面接、というと大げさですが、実際には企業のイメージアップのために置かれる職種である一方、企業を守る防御システムを操らなければなりません。防御とは何も「強盗犯」「総会屋」などから会社を守るということではありません。こういうことは専門のガードマンが事前に察知しますが、一番厄介なのが「受付嬢」を籠絡させて、企業内情報を手に入れるという昔からの手口です。

「遠山の金さん」「鬼平犯科帳」などの時代劇では、江戸の金貸しに内偵代わりの女性が働きに入り、内部情報を嗅ぎ取って親分につないで、金庫の隠し場所と鍵をそっくり頂く場面が出てきます。つまり、400年前から、受付や女中さんのやっていることは変わらないのです。

美人、ではなく「美人顔」が選ばれている

歯科の場合、クラークを選ぶのは院長か、その奥方(男性歯科医師の場合)です。審美歯科の場合は100%見た目重視で選ばれます。それもそのはず、美容歯科・審美歯科で歯並びの悪いクラークだと、患者は心配になるからという理由と、ほぼ男性院長の「選球眼」によります。

一般歯科を開業している院長の場合、奥方は経理を担当することが多く、歯科衛生士や歯科助手、クラークの給与額を決めたり、採用に立ち会うことが多くあります。医師や歯科医師は6年間学業に身を費やし、多額の学費を支払って卒業し、国家資格試験を勝ち抜いてくるわけで、他の学部生よりもコミュニケーションの場が狭いのが実態です。総合大学の歯学部でも、部活は歯学部だけになるため、狭いコミュニティーの中で20代を生きていかなければならず、人によっては男女関係が固定的なサークルになってしまうことがよくあります。よく、お見合いサークルの中で「医師・歯科医師専門」というものがありますが、出会いの少なさから、歯科医師もこうした内輪のサークルで知り合った女性と結婚するケースが少なくないことは、よく知られています。

こうした実情の中では、歯科医師は「美人顔」が周りにいる環境が慣習となって行きます。これは、職業上の傾向なのです。ただ、歯科医師の奥方となったあかつきには、美人クラークを雇用することへの強い「阻止力」が働きます。狭い範囲での人間関係で頑張ってきた歯科医師の多くは、結婚後もどうしても働きづめのなりがちです。そうなれば、どうしても身近に置く女性スタッフの笑顔に逆に籠絡されてしまうことも否定できません。

受付の美人度が高い、というのではなく「美人になる教育」がすごい

福岡市博多区にある「福岡医健専門学校」。ここは、看護師・作業療法士・理学療法士、から歯科衛生士・医療クラークを作り出す「医療事務ビジネス科」に至るまで、様々な学生を社会に送り出している専修学校のひとつです。医療クラークの場合は人物そのものを磨かなければならないことと、レセプト打ち込みや予約受付など、様々な仕事を即戦力として行わなければなりません。

この専門学校では医療クラークの場合は、医療系の「メイクアップ」講座があり、コスチュームに合わせるメイクアップや、小児から高齢者まで受けが良いメイクの方法が徹底的に学習できます。例えば、県立病院の多くはクラークが派遣社員であることが多くなり「ニチイ学館」と書かれたネームタグを付けた女性が、テキパキと事務処理を行うことを目にするのが多くなっています。

よく見てみると、総合病院は「美人」度云々ではなく、処理能力の高さが問われます。時間内にどれだけの患者を待たせずに「処理」できるのか…これが大規模病院のクラークの職責ですが、歯科クリニックの場合は、泣き出す子供やその兄弟をかまってあげたり、付き添いの親を安心させたりと、歯科助手の代わりもしなければなりません。結果的に「笑顔」美人が選ばれるのです。

もうひとつ、クラークは「顔」で売るものがある

歯科クラークが美人顔で「売る」もののひとつ、それは歯科医師推薦の「歯磨き粉」です。歯科医師は「治療後は、しばらくこの製品がオススメです」と言うことがあります。直接販売するわけではありませんが、クラークさんが駄目押しで「歯磨き粉は?」と笑顔で患者さんに勧めるわけです。この際の美人顔が、次の顧客を連れてくるかどうかの試金石。つまり、美人ではなく、リピート客と紹介客を引っ張れるクラークかどうか、そのための美人かどうか…なのです。

こちらの記事もおすすめ
  • こんな悩み、歯科医あるある こんな悩み、歯科医あるある
    歯科医師は結婚して子供にも継がせたい…と考えてしまう人が多いようです。そうなれば、教育環境によい場所で暮らしたい。田舎では子供の学力は育たないのでは?と配偶者からせっつかれてしまう悩みもあるようです。...
  • 歯科の受付は美人が多い気がする。その理由とは 歯科の受付は美人が多い気がする。その理由とは
    歯科の受付は美人が多い気がする。その理由とは医療クラーク、歯科医院クラークは美人が多い…これは都市伝説でもなんでもありません。受付という業種そのものは美人である方がよい、これはどの企業でも慣習となっています。これは男性目線だけの話でしょうか...
  • 歯科医、何才の頃に独立する人が多い? 歯科医、何才の頃に独立する人が多い?
    歯科医、何才の頃に独立する人が多い?歯科医での独立する年齢は、希です。利用者の好きな環境で独立することができますが歯科医の開業にもお金がかかります。歯科医になるということはまずは勉強する期間があります。大学の歯科大学で専門的に視界になるとし...
  • フリーランス歯科医とは? フリーランス歯科医とは?
    フリーランス歯科医に多いのが大学での講師や准教授からの方々。特に補綴はフリーランスの歯科技工士の独壇場ですが、矯正歯科はフリーランス歯科医の最も多い分野といえます。審美歯科では完全に自由診療での歯の矯正を行いますが、実は国が保険適用を認めて...
  • 開業?勤務医?どっちがお得? 開業?勤務医?どっちがお得?
    開業?勤務医?どっちがお得?、開業するなら診療単価の大きいものに耐えうる顧客層をつかまなければ、収入の安定はありません。ですから、開業する場合は「スキル」をしっかり身につけることが先決です。まずは、勤務医として研修期間を設けましょう。...
  • 女性歯科医師の転職はハードルが高い? 女性歯科医師の転職はハードルが高い?
    女性歯科医師の転職はハードルが高い?女性歯科医師は転職しにくい現実があるのでしょうか?実際にはそういうことはありません。そもそも、一般患者に取って男性歯科医だから安心、女性歯科医だと不安…と感じているのではありません。むしろ大事なのは、医師...
  • 全国歯科医師国民健康保険組合とは? 全国歯科医師国民健康保険組合とは?
    全国歯科医師国民健康保険組合とは?健康保険、といえば保険証を医院や歯科医院の窓口で提示することで、で治療で自費分の調整が行われる制度です。こうした健康保険制度を事業者ごと、あるいは事業者の集まりである単体で行っているのが、健康保険組合です。...
  • 審美歯科へと転職する医師が増えている 審美歯科へと転職する医師が増えている
    審美歯科へとシフトする医師が増えている。審美歯科の水準は年々向上しており、また、一般歯科医よりもコミュニケーション能力を持った医師が増えています。なかなか内部事情は伝えにくいところがありますが、審美歯科医はまさに歯科専門医でなければ勤務でき...
  • 歯科医師の深夜勤務は稀? 歯科医師の深夜勤務は稀?
    歯科医師の深夜勤務は稀?大学病院や深夜当番医、夜間救急歯科センターなどでは、当然夜勤もあります。口腔外科の場合は、夜間にオペを行う可能性もないわけではありません。歯科医師の団体である歯科医師会が運営するクリニックでは、全国的に救急歯科センタ...
  • 歯科医における認定医とは?? 歯科医における認定医とは??
    歯科医における認定医とは??例としては、日本レーザー歯学会、日本口腔感染症学会、日本有病者歯科医療学会、日本歯科心身医学会、日本臨床歯周病学会、日本歯内療法学会、日本歯科審美学会、日本顎口腔機能学会、日本歯科東洋医学会...
  • «
    »

    メニューリスト