歯科医師求人サイトランキング







転職可能地域 全国 在職/在学中可否 応募可能
アルバイト/非常勤 共に可能 利用料 無料




転職環境が整備されている現在、歯科医師は当然求人が数多くあるもの、と考えています。ですが、医師と異なり、デンティストの求人環境は限定されている、といってよいでしょう。そのため、転職エージェントでも歯科医師だけを扱っているものはほとんどなく、コメディカルの一つとして、歯科医師を取り上げています。ですので、医師の診療科目だけで歯科医師の求人カテゴリーがない!と焦らないことが必要です。
ファーストナビ歯科医師は、全国を網羅した転職斡旋紹介を行うエージェントですが、大規模エージェントでは数少ないデンタルコメディカルのコンテンツを設けています。ここはなかなか見過ごされそうな項目ですから、しっかり目を通しましょう。
歯科医師は、一般歯科の場合はまず地方の福祉施設での求人がほとんど、と考えましょう。社会福祉法人は規模により、地域の診療所も兼ねています。地方都市の歯科医は市の中心部に集積する傾向が強く、車に乗らない人たちが、近隣の社会福祉法人のクリニックを利用するケースが多いのです。歯科医師の間でも、一般患者の治療は行わない、と考えがちですが、現実はそうではありません。
障害者施設や老人介護施設の場合、利用者本人だけが定期的に検診と治療を行うのではなく、その関係者も利用することがあります。特に、最近では地方に美容院や理髪店がなくなってしまったため、社会福祉法人の建物の一角に、設置されているところが少なくありません。歯科クリニックの場合も、地域コミュニティーの中心になりつつあります。
特に東北地方では、こうした歯科医が不足しており、訪問歯科医を兼ねた業務が必要です。歯科医が年々増加し続けるのに対し、地方での歯科医が減少するのには「都心志向」のある歯科医があまりにも多いことが挙げられます。学費から初期投資に至るまで数千万円の借金を背負いながらも、都市での勤務を目指すより、地方での勤務の方がゆとりを持って治療に専念できるのも事実。こうした求人を丹念に拾うエージェントは、中小の場合は年会費を払って情報を獲得するところが多いのです。
ですが、ファーストナビ歯科医師の場合は、歯科医師と歯科衛生士をセットで現場へ送り込むなど、非常に細かな対応で求人側にも好評です。小児歯科、口腔外科、審美歯科など、歯科でも細目に分かれているため、コンサルタントの仕事もなかなか歩合的にはよくありません。ですが、ここのサイトは依頼してよいでしょう。

ファーストナビ歯科医師詳細解説へ戻る

転職可能地域 全国 在職/在学中可否 応募可能
アルバイト/非常勤 共に可能 利用料 無料

※現在、エムスリーキャリアでの歯科医師募集提携行っていません。
エムスリーキャリア公式サイトへ(※クリック)

医師、歯科医師、薬剤師そして看護師の転職をバックアップするエムスリーキャリア。歯科医師10万人へのアプローチを行っていることから、その存在が知られています。もともと医師のための情報ツールとして、ソニーグループ内の社内ベンチャーが立ち上がり、その結果、医師と製薬会社MR、あるいは製薬卸MR、医師同士の専用サイトとして日本最大のコミュニケーションツールが完成しました。
歯科医師の場合、医局人事が強いわけではありません。そもそもが実家を継ぐために歯科大学や大学歯学部に入学する学生が多く、最終進路は開業医…という明確なビジョンが描かれているケースが多いのですが、最近は事情が変わってきています。
まず、実家である地方の事情。経営的には安定している歯科医院も、少子高齢化と過疎化が進む地域であればあるほど、将来性が心配になるのは誰もが思うところです。産婦人科や小児科同様、人口減に悩む地方自治体では、歯科医も次々と都市部へ移転しているのが現実です。
ですが、それは本当に正しいことでしょうか?エムスリーキャリアが持つビッグデータは、日本だけでなく、欧州とアメリカの医師情報ツールの買収が非常に参考になるのではないでしょうか。と、いうのも、メディカルエージェントに多い傾向ですが、単に厚労省の指針を掲載したり、診療報酬制度の今後を予測するなどの観測記事が多く、実際の他国の事情を公開することは、なかなかありません。
歯科医師の場合、総合病院に歯科が設置されているケースはそれほど高くありません。が、毎年輩出される新米歯科医の受け皿がなければ、歯科医の健全性は保たれないのです。つまり、今後の歯科医としての可能性はどこにあるのか、口腔外科かそれとも自由診療の方向に向かうのか…歯科医が生き残るための情報と、その求人を早いうちから手にしておくべきではないでしょうか。
今後必要とされるのは、かかりつけ医の存在です。エムスリーキャリアでは、訪問医の求人を多く掲載しています。社会福祉法人や地方公共団体が求めている歯科医師は、へき地求人のひとつですが、報酬も高く、手当も潤沢なため、自分のペースで働くことができます。また、こうした場所では、貯蓄ができるという魅力もあり、将来の都市部での開業資金を稼ぐこともできます。いろいろな情報を得ることで、エムスリーキャリアは非常に役立つエージェントといえるでしょう。

エムスリーキャリア詳細解説へ戻る

医師転職サイトのメリット

歯科医師が医師転職サイトを使うメリット

歯科医師にとって、求人はどういうものでしょうか?医師と歯科医師は共に診療報酬で成り立つ稼業ですが、決定的な違いは「歩合」の有る無しです。医師の場合は歩合制ではなく、決められた報酬が年数で加算されるようになっています。ですが、多くの歯科医師の場合は歩合制と基本給のミックス制になっているのです。

転職サイトは、歯科医師専門が多く、細かい条件が記載されません。これは歯科医師特有の求人方法であって、どれだけのスキルがあるかの基準値がなかなかないことが理由です。ですが、医師同様、学閥の時代ではなく、経営スキルがある歯科医師がどんどん分院を増やしてチェーン店化させている一方、高学歴でありながら開業医としての経営感覚がなく、破産状態に陥る歯科医師も増えているのが現状です。

ですから、今転職云々ではなく、常に5年後10年後を見据えて転職サイトを活用すべきなのです。例えば、2020年東京五輪が開催されるため、アベノミクス効果も伴って東京湾岸地域の開発や、主要駅付近の再開発が加速されています。都心のビルには必ずメディカルフロアが設けられますし、健康増進法に伴う健康診断と合わせて、歯科の需要も増加する可能性があります。

現状、どの地域が発展しているのか、それはオフィス街かそれとも住宅地か。住宅地の場合、どの沿線が有望か。開業するにしても早いうちに目を付けておかなければ、一等地は覆い尽くされてしまいます。こうした細かい将来設計にも、転職サイトは非常に参考になるのです。

転職サイトで、ここ数年多いのは団塊の世代の常勤医退職による、後継求人です。歯科医師の活躍年齢は50歳がピークともいわれています。ですが、30代に医師にとって、患者の扱いはそう簡単ではありません。できれば、30代にうちに患者数の多い歯科医院に勤務しておくべきでしょう。経験数が多くなければ、歯科医としてのスキルは身に付きません。また、小児歯科と高齢者向けの歯科では、気を使う点は異なります。

サイトは必ず数社比較するのがよいでしょう。情報だけを簡単に集めているサイトには、月額10,000円ほど料金を取っているところがあります。それだけの価値がある、と踏んで業者は情報サイトを作っています。歯科医師向けのエージェントは非常に少なく、規模の大きいところはごく僅かです。だからこそ、ひとりで判断せずにサイトを利用し尽くすべきでしょう。

勤務歯科医が有利に働く方法

開業歯科医の競争激化が伝えられることから、国立大学でも歯学部の人気が急落しています。東京医科歯科大学は、歯科医の今後を考え、歯学部学生の医学部での受講をさせているのです。国立大学では最難関の歯学部を持つ大学でさえ、歯学部学生の行く末に不安を抱いているのは、想像に難くありません。

歯科医は女性が多いことでも知られます。そのため、結婚と出産時に勤務先を離職するのがお決まりとなっています。男性の歯科医にとって、絶対に外せないのは女医の後釜に採用されること。歯科医が女性だった場合、子供連れの母親や高齢者に好意的に見られがちです。定着した顧客層の後に上手に入職できれば、そのまま収入増となる可能性があります。

ここで重要なのは、歯科医同士のネットワークを活かすことです。30代の歯科医は一般的に「若い」と見られますので、できるだけスキルアップの時期と考え、レベルの高い歯科医が経営するクリニックに勤務できるようにコネクションを作りましょう。出身大学は関係ありません。歯科医師が増加していることは、最終的には技術のある人が信頼を集めます。

レベルの高い歯科医は、経営の上手な歯科医の下に付く傾向があります。例えば、都市部の一等地の雑居ビルにこじんまりとした歯科クリニックを経営している歯科医師は、コミュニケーション能力が発達しています。例えば、クラシック音楽が好きな歯科医師の場合ですが、演奏家の打ち上げに参加したり、チケットを数枚予約しておくことで、いつの間にか自分の患者に音楽愛好家や関係者がしっかり確保できる、という例もあります。

勤務歯科医として学ぶことは、技術レベルを挙げるために、忙しい歯科医院に入職すること。そして経験とノウハウを学ぶことです。次に経営者のコミュニケーション能力を盗みましょう。もしオーケストラの楽団員を全員獲得できれば、それだけで100人は見込み客として確保できます。あとは、職業上の歯の特殊性を見抜くことも必要でしょう。例えば管楽器奏者は歯並びで演奏の音色が変わります。また、スポーツ選手の仲間がいる場合は、奥歯がすり減っている野球選手やサッカー選手を見つけるでしょう。

30代は勤務歯科医として、しっかり働くことです。開業を急いでもいいことはありません。勤務歯科医として大事なのは、営業力。自分の回りにやって来る保険の外交員や証券会社の社員の話方は、参考になります。

歯科医師の生存競争とは?

日本全国にある歯科大学、及び歯学部の合計は29。そして、現在歯科医師として現役で働いている数が8万人から10万人といわれています。一方で、それ以外の医師の総数は28万人。厚生労働省の調査では、内科•外科•それ以外の科目数全部を合わせると55の診療科目が存在します。つまり、55診療科目で28万人の医師に比べ、1診療科目で10万人とすると、とてつもない割合、と見ることができます。

人口で比較すれば、1,250人にひとりが歯科医師である、という事実。もちろん赤ちゃんから100歳超の高齢者を含めての数字です。また、札幌市、福岡市、広島市といった政令指定都市でさえ、年収500万円〜300万円という開業医が過半数を超えているというデータがでています。これはもちろん中心部で起こっている現状であり、審美歯科や美容歯科は除いています。

毎年2,500人もの新たな歯科医師が誕生するにも拘わらず、人口減が止まらないため、一極集中の傾向は歯科医師にもいえる状態です。では、歯科医師としてではなく大学教員となる場合はどうでしょうか?これも、国公立大学では学生定員数は確保されているとはいえ、私学では定員割れ、あるいは留年による数合わせが行われているのが現状です。つまり、現在の教授陣が大幅に入れ替わる見込みはない、と考えるべきでしょう。

歯科医師の生存競争とは、直截的には「勤務医院の獲得競争」と「新規開業医の生き残り競争」が挙げられます。勤務医院は文字通りの勤務医求人です。多くの歯科医師は日勤勤務を当然のこととして勤務環境を考えています。ですが、現実には午後6時から午後11時が最も通院需要のある時間帯であり、土日祝日開いている歯科医院は、比較的安定した収入を確保しています。

ですが、土日祝日は休みで平日9時から18時といった従来の営業方針では、競争相手が激化する一方であり、新規医院が開業すれば、どこかが閉院せざるを得なくなります。事実、東京都内でも毎日1件の閉院があり、これが地方大都市や過疎地では大変な数に上るのです。

歯科医師も、一般社会の動向を読む力がないケースが多く見られます。6年間の勉強生活で、どうしても狭い範囲の付き合いに終始してしまうせいか、開業支援コンサルタントや保険会社の外交員などに見込み客として抑えられてしまい、現実の世界を見ないまま、立地環境がなくなるあせりから、急いで開業してしまいます。結果、患者の奪い合いでますます経営環境を悪化させているのです。


最新の記事はこちら
  • e-scout歯科医転職エージェントは歯科eスカウトが人気
    歯科医転職エージェントは歯科eスカウトが人気 利用料、完全無料の新サービスが人気歯科eスカウト…どんどん新しいサービスができることによって、エージェントの内容も変わってきています。特に新規にこの業界に参入する場合、より簡単なスマホやケータイ ... ...
  • medicallinkage歯科医転職エージェントはメディカルリンケージが人気
    歯科医転職エージェントはメディカルリンケージが人気 バナー広告で、サイト運営!登録料無料という内容 歯科医師転職サイトの多くは「クリニック側が登録料を支払う」パターンが大半です。ですが、メディカルリンケージのサイト運営は完全無料。応募者は当 ... ...
  • hello歯科医師転職/求人においてハローワークも人気?
    歯科医転職/求人においてハローワークも人気? いまや、ハローワークが人気?歯科医師という職業の見方が変わってきた!ハローワークといえば、職安。職業安定所という名前の職業紹介所です。いわゆる斡旋屋ではありませんが、厚生労働省が直に行っているこ ... ...
  • sora医療の空の口コミと評判~歯科医の転職は大変
    医療の空の口コミと評判~歯科医の転職は大変歯科医の転職、歯科技工士の転職は大変数ある転職サイトの中で、歯科医や歯科技工士に特化したものは、ほぼ99%が情報提供型サイトです。コンサルタントが常勤し、歯科クリニックを斡旋するために様々な面談や指 ... ...
  • tokyo東京都のような都心歯科医師求人は審美歯科要素が強く求められる?
    東京都のような都心歯科医師は審美歯科要素が強く求められる?審美歯科は「所詮金儲けのクリニックだ…」「イケメン歯科医が宣伝していて、まるで美容外科状態だ…」などと吐き捨てる一般歯科医が数多くいる、この業界。確かにチェーン店展開を行っている一部 ... ...

  • 人気の記事はこちら
  • こんな悩み、歯科医あるある こんな悩み、歯科医あるある
    歯科医師は結婚して子供にも継がせたい…と考えてしまう人が多いようです。そうなれば、教育環境によい場所で暮らしたい。田舎では子供の学力は育たないのでは?と配偶者からせっつかれてしまう悩みもあるようです。...
  • ファーストナビの口コミ~歯科医師の転職 ファーストナビの口コミ~歯科医師の転職
    ファーストナビ歯科医師公式サイトへ ファーストナビの口コミ~歯科医師の転職歯科医師の転職とは、タイミングが非常に難しいと言われます。おそらく、大学を出てそのまま開業する歯科医はまず皆無でしょう。「実家が歯科クリニックだから」…あるいは「内科...
  • ジョブメドレーの人気の秘密と口コミ ジョブメドレーの人気の秘密と口コミ
    歯科医転職エージェントはジョブメドレーが人気 全国規模で歯科医師転職を支えているエージェントの中では、数少ない「医療全般エージェント」のひとつが「ジョブメドレー」です。医師・歯科医師の両方を手がけるには、日々情報の集積と更新をこまめに...
  • 歯科の受付は美人が多い気がする。その理由とは 歯科の受付は美人が多い気がする。その理由とは
    歯科の受付は美人が多い気がする。その理由とは医療クラーク、歯科医院クラークは美人が多い…これは都市伝説でもなんでもありません。受付という業種そのものは美人である方がよい、これはどの企業でも慣習となっています。これは男性目線だけの話でしょうか...
  • 開業?勤務医?どっちがお得? 開業?勤務医?どっちがお得?
    開業?勤務医?どっちがお得?、開業するなら診療単価の大きいものに耐えうる顧客層をつかまなければ、収入の安定はありません。ですから、開業する場合は「スキル」をしっかり身につけることが先決です。まずは、勤務医として研修期間を設けましょう。...